青葉通り クレアクリニック

一般内科

「何科に行けば良いか分からない」
そんなあなたのかかりつけ医

「一般内科」は様々な病気の初期診療を行なう、いわば医療の「総合案内」です。
お体に表れる症状は重大な病気の前兆であることもあり、早期発見が治療に向けて大切になります。
当院では内科一般総合疾患から糖尿病を初めとする生活習慣病の診療を行っていますので、ささいな症状でもお気軽にご相談下さい。

このような症状はご相談ください

発熱、頭痛、咳、鼻水、喉の痛み、腹痛、お腹の不調、吐き気、嘔吐、食欲不振、めまい、貧血、不眠、動悸、息切れ、発疹、糖尿病、高血圧、脂質異常症 など

検査内容

血液検査 尿検査 心電図 レントゲン 超音波検査 内視鏡検査

生活習慣病

高血圧

慢性的に血圧が高い状態となる病気です。塩分の過剰摂取などの食生活の乱れや加齢、肥満、不眠、ストレス、ホルモン異常などが原因となります。進行すると心臓に負担がかかり、動脈硬化との悪循環となり、心臓病や脳卒中の原因となります。

糖尿病

血液中のブドウ糖(血糖)の濃度を調節するホルモン(インスリン)の量や働きの低下などにより血糖が慢性的に高くなる病気です。食事や肥満、加齢、何らかの膵臓の病気などが原因となります。持続する高血糖は動脈硬化を引き起こし、心臓病や脳卒中などのリスクとなります。進行すると腎臓や目(網膜)、神経などにも障害を起こします。

脂質異常症

食生活の乱れ、肥満、遺伝的素因などにより血液内の油分のバランスが崩れ、悪玉コレステロール(LDL)や中性脂肪が上昇したり善玉コレステロール(HDL)が低下したりする状態です。油分のバランスが崩れた状態が長く続くと動脈に油分が沈着したり傷がついたりして動脈硬化を引き起こし心臓病や脳卒中などの原因となります。

高尿酸血症

プリン体を多く含む食品の過剰摂取などによって血液中の尿酸が上昇する病気です。尿酸が結晶となり関節に蓄積することで痛風の原因となる他、腎臓に結晶が蓄積すると尿管結石や痛風腎の原因となります。他の動脈硬化性疾患(高血圧、糖尿病、脂質異常症)と合併することが多く注意が必要です。

メニュー