青葉通り クレアクリニック

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

  • 眠っている間に検査が終わります

    大腸内視鏡に関しても、クレアクリニックでは鎮静剤の静脈注射を行います。また、眠った状態でも体は痛みを感じるため、鎮痛剤も併用します。必要に応じて鎮静剤の追加を行うため、目が覚めた時には検査が終わっています。

  • 炭酸ガス使用でお腹の張りを軽減できます

    検査後のお腹の張りを軽減するため、クレアクリニックでは空気の代わりに炭酸ガス(二酸化炭素)を検査中腸内に送気しながら検査を行います。炭酸ガスは空気に比べて水に溶けやすいため、速やかに体内に吸収され、検査後の張りが抑えられます。体への悪影響はありません。

  • その場でポリープの切除を行えます

    検査中、ポリープが見つかった場合にはその場で切除することも可能です。切除したポリープは顕微鏡で詳しく調べる必要があるため、後日結果を聞きに受診して頂きます。(ポリープの形、大きさによっては切除することで出血や腸に穴があいてしまう危険があり、その場合には切除せず入院が可能な病院へ紹介させて頂く場合があります)

  • 丁寧な検査、説明を行います

    大腸内視鏡の検査時間は15分前後となりますが、ポリープを切除した場合にはさらに時間を要します。あらかじめ腸内に便が残っていない状態にして頂く必要があり、事前に内服する腸内洗浄剤をお渡しします。当日腸内洗浄剤を内服、検査前に来院して頂きます。鎮静剤・鎮痛剤投与後、眠ってしまったのちに肛門より内視鏡を挿入します。大腸の一番奥まで内視鏡を挿入し、その後大腸内を詳しく観察しながら内視鏡を抜き終了となります。検査後はしばらくリクライニングチェアーで休んでいただき、落ち着きましたらお帰り頂けます。原則的に入院の必要はありません。

メニュー