青葉通り クレアクリニック

大腸カメラの流れ

予約

大腸カメラは前日からの食事の調整、下剤の内服など前処置が必要となります。このため下剤の内服方法など事前に説明をしますので検査をご希望の方は、まずは一般外来をご予約ください。外来で症状を伺った上で後日の検査を予約します。

検査前日

前日は残渣が残らない様、繊維質の少ない食事を摂っていただきます。詳細は予約時に説明いたします。残渣が残りやすい方の場合には大腸検査食の購入、摂取をお願いする場合もあります。前日の寝る前には指定の下剤を内服していただきます。

検査当日

大腸をきれいにするために、前処置薬(腸管洗浄液)を内服していただきます。基本的には自宅で内服していただきますが自宅での内服が不安な方はクリニックで内服いただくことも可能です。具体的な内服の方法は予約時に説明いたします。
内服中に気持ちが悪くなり飲めなくなった、嘔吐した、腹痛が出現したなどの症状があった場合にはクリニックにご連絡をお願いします。

来院後~検査まで

1.着替え・問診

来院後、検査着にお着替えいただきます。
待ち時間に問診表に記入いただきます。

2.事前処置

横になっていただき、希望者には鎮静剤(麻酔薬)の投与を行います。

3.検査

検査開始となります。おなかの力を抜いてリラックスした状態を保ちましょう。必要に応じ組織検査やポリープの切除を行う場合があります。
検査は15~30分程で終わります。

結果説明

検査が終了しましたらリクライニングチェアーでお休みいただき、しっかりと目が覚めた段階で説明を行います。鎮静剤を使用しなかった場合には着替え後すぐに説明が可能です。
組織検査やポリープ切除を行った方の組織検査結果説明は後日(1-2週間後)となります。

メニュー