青葉通り クレアクリニック

胃内視鏡検査(胃カメラ)

  • 眠っている間に検査が終わります

    検査ではまず胃内の泡を抑えるお薬を内服頂き、腕の静脈に麻酔薬の注射を行います。眠ってしまったのち、検査医が口から内視鏡を挿入します。眠った状態で検査を行なうため、ほとんど苦しい思いをすることなく検査は終了します。

  • 最新鋭の細径内視鏡で苦しさを軽減します

    クレアクリニックで使用する内視鏡は富士フィルムメディカル社製の最新式細径内視鏡。
    通常経鼻で使用するサイズのものを経口で行なうことで、嘔吐反射を抑え、より楽な検査に貢献しています。細径内視鏡は画質が弱点とされてきましたが、最新式の機器により画質は大幅に向上し、病気の早期発見を可能とします。
    静脈麻酔の使用を希望されない方には従来通り、鼻の通り道とのどに表面麻酔剤を使用し、その後経鼻で内視鏡を挿入、検査を行うこともできます。

  • のどや鼻への表面麻酔は使用しません

    人によっては感じることもある表面麻酔剤による苦痛の緩和や、表面麻酔剤が最多要因との報告もある薬剤アレルギー等のリスクを軽減するために、クレアクリニックでは麻酔薬の静脈注射を使用しています。表面麻酔剤を使用しないことで、術後の喉の違和感もなく、すぐに飲食して頂けます。

  • 細胞の検査、ピロリ菌の検査も行えます

    胃内に病気が見つかった場合には必要に応じて一部細胞を採取して顕微鏡で詳しく調べる検査を行う場合もあります。ピロリ菌感染が疑われる場合にはその場でピロリ菌の検査を行うことも可能です。通常検査時間は10分前後となります。

メニュー