青葉通り クレアクリニック

胃の病気

  • 胃炎・胃潰瘍

    胃の痛み、吐き気、膨満感、食欲低下といった症状が出ることがありますが、無症状の場合もあります。深い傷ができて出血を起こすと黒い便が出たり吐血することもあります。主にピロリ菌が原因となる慢性胃炎とストレスやお薬、ウイルス等の感染が原因となる急性胃炎に分けられますが両方が関与することもあります。胃薬で症状は改善する場合が多いですが、胃潰瘍の場合は再発の危険が高いため内視鏡検査を受けることをお勧めします。

  • 胃がん

    胃炎や胃潰瘍と同じような症状が起こります。内視鏡検査が必要です。ピロリ菌に感染している方が大多数ですが、ピロリ菌治療後にも発症する場合があるため、治療後も定期的な内視鏡検査が必要です。

  • 胃ポリープ

    症状が出ることはほとんどありません。治療が必要になるポリープはまれですが、胃がんに進行するものも存在するため、内視鏡検査による精密検査及び定期的な経過観察が必要です。一部、ピロリ菌の治療で縮小、消失するものも存在します。

  • 胃アニサキス症

    イカやサバの生食が原因で寄生虫が胃に入り込み強い痛みを起こします。内視鏡検査を行い寄生虫を除去することで痛みが消えます。

  • 機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)

    胃炎と同様の症状が出現しますが内視鏡を行っても異常はなく、他の原因も見られない病気です。胃腸の動きを調整するお薬で改善する場合がありますが、ストレスや不安が取り除かれることで改善することもあります。

メニュー