青葉通り クレアクリニック

食道の病気

  • 逆流性食道炎

    胃の中の強い酸(胃酸)が食道へ逆流することで様々な症状を感じる病気です。主に食後や就寝中に起こることが多く、胸やけや酸っぱいものが上がってくる感じ、胸のつかえ感やのどの違和感・飲み込みにくさ、長く続く咳・喘息といった症状が起こります。お薬でよくなることが多いですが、他の原因の場合もあるため、まずは内視鏡検査で状態を確認させていただくことをお勧めします。

  • 食道がん

    固形物を食べた時のつまり感が主な症状ですが、逆流性食道炎と同じような症状が出る場合もあります。飲酒、喫煙が原因となります。やはり内視鏡検査を受けていただくことが重要です。

  • 食道静脈瘤

    食道に血管のコブができる病気です。肝臓が悪い方がなりやすく、症状が出ることはまれですが、時に血管が傷つき大出血を起こします。肝臓が悪い方は一度内視鏡検査受けていただくと安心です。

メニュー